NewEntry

Category

Archives

Profile

Comment

Link


Log in
qrcode



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.04.30 Sunday / - / -



枕詞

内容紹介
「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?

まずは率直に感想を述べるならば「面白かった」の一言につきます。
人が鹿化していく奇想天外な発想もさることながら
歴史の神秘を紐解きつつも小説の面白さを失わない。

枕詞とは懐かしい。
百人一首大会も終わりました。

さて、最近のニュースでは事もあろうか
「三角縁神獣鏡」について流れたので珍しく身を乗り出してしまったくらい
この小説にハマってしまったようです。

歴史に触れ人に触れ神に触れそうして人として器を大きくしていきたいものです。
先生も奈良に来て気がつけば逞しく、そして神経衰弱から解放されたかもしれませんね。

奈良に行きたい。
鹿に会いたい。
そして「びい」と鳴く声が聞きたい。
なかなか儘ならないと思うので
まずは鹿島大神宮から攻めてみようかな。

2014.02.07 Friday 22:56 / comments(0) / -



スポンサーサイト


2017.04.30 Sunday 22:56 / - / -



Comment



Material:shape Template: Favorite
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.